全国山の天気  全国登山情報  高速道路交通情報  妙高高原天気予報   火打山・妙高山登山情報  妙高市観光協会

Top


 
あるく 
Club Nature

ネイチャー&
トレッキングガイド
プログラム


自然を観る
Nature Walking

自然を歩く
Natute Trekking


自然を旅する
Longtrail Nature Trekking



のぼる
Club Mountain

2018
登山プログラム


♪妙高山・火打山
高妻山・雨飾山

上信越・関東・アルプス・その他近郊百名山



  いやす
Forest Therapy

森林セラピー
プログラム


森林セラピー
講習会

 
ゆきプロジェクト
Club Snowing
 

スノーシュー
基本プラン


バックカントリー
スノーシュー

  つくる
Club Creation
創る
作る
造る

まなぶ・そだてる
Seminar &
Training
教室・セミナー
ガイド育成


  まもる
Nature
Conservation
自然環境保全活動
国立公園












 
あるく 
Club Nature

ネイチャー&
トレッキングガイド
プログラム


自然を観る
Nature Walking

自然を歩く
Natute Trekking


自然を旅する
Longtrail Nature Trekking



のぼる
Club Mountain

2018
登山プログラム


♪妙高山・火打山
高妻山・雨飾山

上信越・関東・アルプス・その他近郊百名山



  いやす
Forest Therapy

森林セラピー
プログラム


森林セラピー
講習会

 
ゆきプロジェクト
Club Snowing
 

スノーシュー
基本プラン


バックカントリー
スノーシュー

  つくる
Club Creation
創る
作る
造る

まなぶ・そだてる
Seminar &
Training
教室・セミナー
ガイド育成


  まもる
Nature
Conservation
自然環境保全活動
国立公園

 

 

森林セラピー in 妙高高原




森林セラピーって何?

森林セラピーって知っていますか?
森林浴って聞いたことありますよね。

「森林浴とは、森林の香りや空気の清浄さ、色彩、景観などが
森林を訪れる人たちの快適性を向上させ、癒しを与える効果をいいます。
森林セラピーとは、科学的エビデンス(証拠)に裏付けされた森林浴効果をいい
森林環境を利用して心身の健康維持・増進、疾病の予防を行うことを目指すものです。
具体的には、森林の中に身を置き、森林の地形を利用した歩行や運動
森林内レクレーションを行い、そこに、栄養、ライフスタイル指導などを加えるなどして
これらの目的を達成しようというセラピーです。」

 森林セラピーソサエティー「森林セラピーとは」より







ちょっと難しそうですが、簡単に言えば森の中で森の癒しの酵素の助けを借りて
癒しのプログラムを行うことによって心身ともに癒しを感じることです。
とにかく難しい解説は抜きにして、森林セラピーを目的に
森の中を歩いてみましょう。

森林セラピーに関しては現在「NPO法人森林セラピーソサエティー」が
全国に森林セラピー基地や森林セラピーロードを認定し
森林セラピーを全国に広めると同時に
その基地やロードで森林セラピーを行う人材を育成するために
森林セラピスト・森林セラピーガイドの認定試験を行っています。

妙高高原では、平成19年度に笹ヶ峰が森林セラピー基地に認定され
5か所の森林セラピーロードが認定されました。

また、NPO法人妙高自然アカデミー内にある妙高森林セラピーNETは
森林セラピーソサエティーの実施する森林セラピー検定試験に合格した
森林セラピスト・森林セラピーガイドを現在5人擁し、
プログラムの開発と実践を行い森林セラピー基地笹ヶ峰を拠点に
妙高市では唯一森林セラピーガイド行っている組織です。

妙高森林セラピーNETの森林セラピーガイド・森林セラピストが皆様を
癒しの世界へご案内いたします。

詳細は下記 のホームページをご覧ください

 森林セラピーソサエティー

森林ラ

MNAの森林セラピーは
ウォーキングを中心に行います。
歩きながら、いろいろなプログラムを
行っていきます。


森林セラピープログラム

笹ヶ峰のシラカバとミズナラの林



森林セラピーの流れ


森林セラピーでは、五感を通して ”森林を体験”していただきます。
森林と ”接する”または ”触れ合う”ことにより起こる主観的で内的な体験は、
われわれの心身の健康に大きく働きかけます。
森林の持つ自然のエネルギーを存分に引き出し、
多くの人々に体験していただけるプログラムを提供することが、
森林セラピーの本質であると言えます。

■森林セラピーの対象者

  森林セラピーでは、健康の維持・増進を目指します。したがって、森林セラピーの対象者は基本的には未病の人になります。【未病とは東洋医学において、検査を受けても異常が見つからず病気と診断されないが、健康ともいえない状態。放置すると病気になるだろうと予測される状態をいう場合が多い。<大辞泉>】
したがって、何らかの病気を持ち治療中の方については、医師の指示が必要となります。それらを前提にして下記の症状、目的の方々に森林セラピーはお勧めできます。

         ・毎日の仕事で疲れが溜まり、ストレスが溜まっているので心身共にリフレッシュしたい。
         ・毎日が忙しく生活のリズムが乱れているので自然なリズムの生活に戻したい。
         ・都会の雑踏から離れ、自然や温泉で心身を癒したい。
         ・日ごろ運動不足なので自然の中で体を動かしてリフレッシュしたい。
         ・ただ見るだけの観光ではなく、五感を使って森の中を歩きたい。 
         ・地方の自然と食事、温泉などを楽しんで癒されたい。          など
  
■森林セラピーの流れ


  
森林セラピーではプログラムを始める前に、まずインテーク面接を行います。インテークとは受理面接、または初回面接とも言い、クライアントの情報や健康状態、今回の目的などを聞き個人のニーズを把握します。そうすることによって森林セラピー基地の特色を生かし、一人一人に合ったプログラムメニューを作ります。また、プログラム終了後にも終了面接を行い、日常生活に戻っても活かせるような方法を一緒に考えます。(★インテーク面接などで得た個人情報は森林セラピーのみに利用し決して外には洩らしません。森林セラピストは守秘義務を負っています。)
団体の場合は多くとも5人程度のグループに分け、グループでインテークを行い、最も共通するニーズについてプログラムを作成します。


インテーク面接 心身の評価 プログラムの実施 心身の評価 終了面接


■プログラムの作成

 森林セラピーでは、森林安息と森林散歩を必須プログラムとして考えています。
森林安息とは目的的に何かを行うのではなく、森林にあるがままに身をゆだね何もせずに横になることで、日常生活のしがらみを断ち切り、ゆっくりと日常生活のスイッチをオフにします。
森林散歩は、森林セラピーの柱となるもので森林浴をしながら五感をフルに解放して森の中を歩くことで
森林の景色や香り、自然の音などが都会の喧騒を忘れさせストレスフルな日常から解放します。

このような、必須プログラムを基本に、クライアントの健康状況やストレスの度合い、ニーズに応じて選択プログラムを
作成していきます。

森林セラピープログラム